薄毛の予防は清潔な頭皮環境とバランスの良い食事が重要

子宮筋腫の大きさとその影響

子宮筋腫の大きさとその影響

子宮筋腫と聞くと、悪い病気で手術して取らなければ、と
思ってしまう人もいるかも知れませんが、
実はとてもよくある症状で、多くの女性が
持っているありふれた症状と言っても良い病気です。

 

病気と言っても、小さな子宮筋腫であれば
そのまま経過を見ているだけの事がほとんどです。
更年期になり月経が無くなれば自然に消滅すると言われています。

 

子宮筋腫が問題になるのは、
筋腫が大きい場合と、妊娠を希望している場合です。
ここに掲載されている子宮筋腫 手術で調べてみましょう。

 

子宮筋腫は大きくなると直径10センチを超えるものに
成長する場合があります。
多くは月経が重くなり月経血の量が増えます。
筋腫のこぶがあるために子宮の表面積が増えるのが原因です。

 

月経が辛いものとなり、日常生活にも
支障が出るほどであれば、筋腫の摘出手術を行います。
また大きな筋腫があると妊娠にも悪影響があるため、
筋腫を摘出すると妊娠しやすくなるとも言われています。

 

小さな筋腫の場合は妊娠にも影響が無く、
帝王切開で出産の際にはついでに摘出する事もあるようです。

ホーム RSS購読 サイトマップ